留学大国
e0321011_1031441.jpg


4月の中国ニュースより

呂令子(リュ・リンズー)さんは1989年生まれの瀋陽の出身です。J
2008年に瀋陽東北育才学校を卒業して、北京に出て、北京理工大学の国際貿易の専門課で学び、その後米国ボストン大学の大学院で統計学を学んでいました。微分方程式の試験で満点を取るなど、数学が得意で、ボストン大学教官のタッソ・ケイパー氏によると、おしゃべり好きの陽気な性格で、アメリカの友人も多かったそうです。

ボストンマラソンの当日友人と一緒にマラソンを見学中に爆発事件の被害で死亡しました。
中国のネットやニュースでは追悼記事があふれました。


事故の直前まで留学生活をネットに載せていた呂令子さん
e0321011_10363076.jpg


e0321011_10374430.jpg


日本のたこ焼きの旗も写ったネットの写真 北京にある日系企業で勤務したこともあると報道されています。
e0321011_10382833.jpg



瀋陽晩報は、ボストン爆破事件記事に呂令子さんが事故直前にネットに載せていた朝食写真を掲載しました。<追悼キャンドル>
e0321011_10384057.jpg



この悲劇を追悼して“呂令子奨学金”の基金を設立することが計画されているとも言われています。

ボストン大学は、現在中国人留学生を2,065人受け入れ、ボストン大学における外国人留学生の3分の1近くが中国留学生で占められています。

(日本ではボストン大学というと、2008年にノーベル化学賞を受賞した下村 脩 教授がウッズホール海洋生物学研究所時代に客員教授として長く教えていたことで知られていますが、現在の数学と物理学の教授陣には、ノーベル物理学受賞者のシェルドン・グラショー教授もいる名門校だそうです。また、かつてマーティン・ルーサー・キング牧師がボストン大学在学中にコレッタ婦人と結婚し、ボストン大学神学部で博士号を取得し、その後に公民権運動を開始したことでも知られています。)



中国は以前から人数では世界一の留学大国で、自由な海外で生活できる点でも留学は大人気です。(人口比率でみれば、香港が世界一の留学大国です。)
2007年統計
e0321011_10392128.gif





 中国では、改革開放政策により1978年から2012年末までの、中国の海外への留学生の合計は、264万4700人で。2012年末統計で現在海外にいる留学生は155万3400人で、その数は毎年増加を続けています。


 年度別の統計では、日本から海外へ留学した日本学生数(2010年)は58,060人で(対前年約3.1%減)で、留学先のトップはアメリカの21,290人でした。中国への日本からの留学も16,808人と多く第2位でした。

(今日の中国は194カ国から265,090人(2010年)を受け入れる留学受け入れ大国でもあるのです。2012年5月1日現在の統計で、日本に海外から留学してきた海外学生総数は、137,756人(対前年0.2%減/2011年は138,075人)でしたが、中国が海外から受け入れた学生総数の約半数程でした。日本への海外留学生数で多い国のトップは、断然中国学生で86,324人でした。そして韓国からの留学生が16,651人で台湾からは4,617人でした。)

 一方、韓国から海外へ留学した韓国学生数(2010年)は251,887人で日本の海外留学総数の4倍以上でした。(アメリカに75,065人、中国に64,232人)韓国も、数では中国、インドに次ぐ留学大国で留学が大人気です。

 そして、世界一の留学大国の中国から海外に留学した中国学生数(2012年)は399,600人で日本の海外留学総数の6倍以上にも達しています。


 中国留学生の一番人気の国はアメリカで、アメリカの大学・大学院に留学する中国人留学生の数はこの数年間、急増を続けており、2011年度は前年度比23.1%増の約19万4千人に達し、アメリカが受け入れた留学生数において、もう3年連続、中国は第1位の地位を保っています。

 一方、日本からのアメリカへの留学は6.2%減と7年連続で減り続けて2011年度統計ではついに初めて2万人を下回りました。

 
e0321011_036172.jpg





(しかし、奨学生でもなく、私費留学で実質は海外生活を目的にする人も多いようです。日本人の海外留学が減っているのは、海外に行かなくても日本で自由に世界が学べる側面もあるのでしょうか?また、日本への留学生の受け入れが伸び悩んでいるのは、地震の影響もあると思いますが、相変わらず中国からの学生が一番多いのですね。P

 中国留学生の親にはかつて、日本アニメや日本ドラマで育った親日も多く、日本に憧れがあるようです。借金してでも、日本で学んでくるようと子を送りだすのですが、私費学生は物価の高い日本で学ぶことよりアルバイトで明け暮れてしまう結果になるようです。J

(中国では、富裕層や官僚が海外資産隠しや将来の海外生活を目的に子供を留学させていることも、日本の報道でも知られています。P)

中国共産党の党中央規律検査委員会は、2013年2月の総会で「配偶者とその子女が国外に移住している国家公務員の管理と監督を強める」と指摘し、出席した習近平主席は「腐敗幹部は総て取り締まる」と宣言しました。

 (しかし、すでに習近平の娘の習明澤さんは2012年11月に、2010年から留学していたハーバード大学を中退して帰国していました。李克強首相の娘もアメリカ留学を切り上げて中国に戻り北京大学勤めることになったと報じられ、エール大学に留学していた李源潮国家副主席の息子の李海進さんや汪洋副首相の娘や長年アメリカ定住していた馬凱副首相の娘も帰国するなど、幹部は、皆一定の対策を講じた上での腐敗一掃提案だったとも批判されていますよ・・。P)


<追伸>
中国外務省森軍縮局長は4月19日国連欧州本部で、核兵器に明言したと報道されています。
「日本に対し核兵器は絶対に使わない」と
従来、中国は核兵器を先制使用しない政策を掲げていますが、中国政府があえて、具体的に日本国名に言及したのは異例のことです。
 核兵器のない地域において「いかなる状況下でも中国は核兵器を使わない」とも強調したそうです。
 そして、 北朝鮮問題については「相互信頼の欠如が最大の課題」と指摘しています。対立激化が「危機をあおる悪循環をもたらす。関係国は膝を交えて、対話すべき」とも訴えました。J
[PR]
by zhenhong1 | 2013-04-20 10:53

日誌 J(コリアチャイニーズ)の主張 P(ジャパニーズ)の意見
by zhenhong1
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
ブログパーツ
最新の記事
教育大国
at 2014-10-20 00:02
子供大国
at 2014-04-21 00:34
隠蔽大国
at 2014-01-26 19:05
天皇大国
at 2013-11-24 00:19
映画大国
at 2013-09-30 02:31
中秋大国
at 2013-09-14 15:43
失言大国
at 2013-08-02 02:13
漢字大国
at 2013-07-13 23:47
捕鯨大国
at 2013-06-29 18:28
天宮大国
at 2013-06-14 00:11
妄動大国
at 2013-05-20 20:57
国旗大国
at 2013-05-12 16:10
お茶大国
at 2013-05-03 20:32
休暇大国
at 2013-04-29 16:25
カルト大国
at 2013-04-24 03:23
留学大国
at 2013-04-20 10:53
移民大国
at 2013-04-14 17:21
桜大国
at 2013-04-11 01:52
工業大国
at 2013-04-09 02:30
餃子大国
at 2013-04-07 08:11
画像一覧